キル・ビルのビル役俳優が危険オナニーで事故死?

デビッド・キャラダイン(David Carradine)
近影出典:myactorwallpaper.com

82_01タランティーノ作品の映画キル・ビル(Kill Bill)の悪役、ビルとして活躍した俳優さん。なんと2009年に亡くなっていたそうです。知ってました?亡くなっていたのはタイのバンコクにあるホテルの一室なんですが、キャラダインさんはクローゼットの中。

首と性器にそれぞれロープが巻きつけられており、2本のロープは結び合わされてクローゼットの中に吊るされた状態だった。

だそうです。

これは恥ずかし他殺ではないか??と思うのですが部屋の鍵は中からロックされていたそうで、部屋に出入りした人物も防犯カメラにはキャラダインさん本人しか移っていなかったそうで警察の捜査ではオナニー中の事故死らしいという結果に。。

 

いったいどんなオナニーをしていたのか凄く気になります。

でも両手も縛られていて・・・本当に他殺ではないの??

 

ともあれもう一度、亡くなられていた状態を詳しく見てみましょう。

先ほど記述した遺体の状況はニュースのソースまんまです。そうなると状態的にはこう。

82_02

2本のロープは結び合わされて、とあるのでこうかな?

82_02b

 

キャラダインさんは一日中ビールを飲んでいたらしいのでかなり酔っ払われていたでしょう。この状態で居眠りをこけば間違いなく死ねますね。

 

でも真実は・・・・少し違うようです。

 

実はキャラダインさんの亡くなられた現場の写真がバンコクの新聞にしっかり掲載されていました。仏教国なのになんて国なんだ!!

 

ご本人も写っておりますので衝撃的な画像に拒否反応を示す方はご覧にならないで下さい。

キャラダインさんの亡くなられた現場写真1

キャラダインさんの亡くなられた現場写真2

 

なんと両手が縛られています!!

両手のヒモはクローゼットから吊るされていて、その他にも何本か吊るされているらしきヒモが確認できますね。

状態的には手は上に引っ張られ、首はチンコ方向に、チンコは首方向に引っ張られ、その中心点は上に引っ張られ・・・・

と言う具合でしょうか。ヨガ的なポーズになりそうです。

これは一見すると気持ち良いの?と思ってしまいますが、この複雑な縛り方、力の方向性はただ事では無さそうな気がします。

カンフーの達人であったキャラダインさんが編み出した性の快楽を最大限に引き出すクンフー、気の流れのコントロール方法であったのではないかと思います。

後ろから写っているのでどうなっているか正解はわからぬままですが、これは恐らくやってみないと解らない達人のみ知る快楽があるのではないか?と思った次第です。

 

デビッド・キャラダインさんのご冥福をお祈りいたします。

About onaken
オナニー研究に日夜励む人々を応援し続ける自慰行為の技術研究者&哲学者(自称)。明日の新たなオナニー手法を夢見て生きてます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません