テレフォンセックスオナニーは気持ちいいもんだよ

オナケンの初体験は中学校2年。

初体験と言ってものダイヤルQ2である。つまりテレフォンセックスです。皆さんも一度や二度くらいはあるんじゃないでしょうか?テレフォンセックス。

 

きっかけはエロ雑誌の広告ページに掲載してある0990から始まる電話番号。前々から気になっていて電話をかけては繋がる前に受話器を置いて、また掛けては受話器を置いての繰り返し。

ですがある日受話器を置く前に電話に女性が出てしまいました!!

まあ若くはないだろうな、と言う声の女性が電話にでて、包み込んでくれるような話し口調。『あんた今すぐエッチな事したいの?』みたいなことを言っていたような気がします。

素直に『はい!したいです!』なんて答えたと思います。

童貞の自分はとにかく女性とエッチなムードでお話をしているだけでも逝きそうな気分でこれはこれで最高にエクスタシーでした。

女性が『ねえ早く入れてよ・・・』なんて言って来て中坊の自分には刺激が強すぎ!でもチンコはしっかりシゴいてお姉さんに誘導されるままテレフォンSEXを行う事ができました。

当時は家にある家族共有の黒電話から電話してました。

 

今思うと女性と生電話をして女性の生の声でオナニーをする、というかなり高度なオナニー方法だった気がします。

やはり生で女性と電話でエッチな会話をするのはかなり興奮。テレフォンセックスはその中学生の時に一度きりでした。当時はなによりダイヤルQ2に電話をかけた事がその月の請求書明細で親バレするんじゃないかとヒヤヒヤしてリピートしたくても出来なかった状況。

でもテレフォンセックスって今でも全然興奮すると思います。

ネットでも調べてみましたが一応テレフォンセックスは現存しているみたいです。なぜ地域別に分かれているのかはよくわかりませんが、もう少し詳しく研究してオナニー技法のひとつとして別途まとめたいと思います。

テレフォンセックスオナニーの研究課題

  1. テレフォンセックス電話番号をまとめる
  2. テレフォンセックスのシステムをまとめる
  3. テレフォンセックスのテクニックをまとめる

 

About onaken
オナニー研究に日夜励む人々を応援し続ける自慰行為の技術研究者&哲学者(自称)。明日の新たなオナニー手法を夢見て生きてます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません