ひそかに流行りつつある?カーオナニーという新ネタ!

オナ研講堂
講師:オナケン
テーマ『カーオナニーの考察』

 

どうも。最近カーオナニー絶賛ユーザー中のオナケンです。

 

相手がいたらカーセックス、ひとりでやるならカーオナニー。

このカーオナニーが独身男性のみならず、最近話しのネタにちょくちょく出てくるようになりました。

 

なぜ今更カーオナニーなのか??

それはオナネタの充実にあると思います。

一昔前ではカーオナニーをするにしても車内に何らかのオナネタを用意する必要があった。例えばコンビニでエロ本を買ってそれをネタに抜く。しかしこの車に誰が乗るかわからないからエロ本を常駐させておくのはリスクがある為、使用したら破棄しなくてはなりませんでした。

 

でもそれは経済的に考えてとても勿体無い。。オナニーと経済観は気っても切れない関係ですよ。

 

夢コラボ

しかし!昨今ではスマホの普及によって、いつでもどこでもオナネタを探せるようになったのです!

 

それに車と言う完全密室。

 

まさに黄金の組み合わせ、夢のタッグチームによって自分だけのオナルームが誕生する訳です。

 

車にスマホとティッシュさえあればどこでもオナニーが。なんと呼びましょう?カーナニーじゃ語呂悪いですね、シャナニー?意味わかりませんね、と言う事でオナケンはマイカーオナニー略して『Myカナちゃん』と無理して呼ぶことにします。

変な話、スマホさえあればMyカナちゃんどころか公衆トイレオナニーだって可能です。推奨はしませんよ^^;

 

“My”が邪魔すぎるのでやっぱりただの『カナちゃん』にします。

 

有名人だって?

例 えば“あの”劇団ひとりさんも、そのひとりと言う噂。。最近手に入れた中古のボロいキャンピングカー、しかしいつも駐車場に止めっきりで出動する気配がな いと噂されている事からパパラッチが張り付いたようです。すると、夜な夜なマンションから出てきたひとりさんはマイキャンピングカーに乗り込んだそうです。しかし出発す る訳でもなく何時間も車から出てくる事がなかった・・・・。

 

これに対してパパラッチいわく、キャンピングカーだけがひとりさんの唯一の“ひとりになれる場所”ではないか、と言うオチをつけています。

大の大人が夜な夜な個室でひとりきり、となればもうオナニーしかないのでは?と安直に考えてみる。不自然でしょうか?いいえ、自然です。

家には女房がいて思う存分オナニーができないと言う辛い事情を抱えた旦那さんはたくさんいます。マイカーと言う素晴らしい個室に昨今気づき始めた男性が多いと言うだけの話です。

 

注意!

ただし、真昼間からカナちゃんする場合、車の窓が完全クリーンだと外から丸見えですからスモークやカーテン、サンシェードなどの養生が必要になる事は言うまでもありません。公然わいせつで捕まったら珠玉のカナちゃんタイムも台無しですからね。

 

About onaken
オナニー研究に日夜励む人々を応援し続ける自慰行為の技術研究者&哲学者(自称)。明日の新たなオナニー手法を夢見て生きてます。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません